荒井宗羅ブログ
ブログメニュー
荒井宗羅ブログ
 

喫茶の楽しみと食の楽しみ
ここのところ良い展覧会が続いているので、頻繁に出かけています。きっと美しいものに飢えているんですね。ショーケースの中で静かに佇む美術品たちは、時代を経て益々評価が高まり、現代の私たちと対峙してくれます。正直、内容の無いおしゃべりに加わらなければならない浮き世の義理から解放されるこういう時間がないと‥老けますよね。ヤダヤダ!!で、本日選んだ美術展は出光美術館の「喫茶の楽しみ」という文人趣味の煎茶道具や、勿論お抹茶の世界の名品の数々です。初代から表千家のお茶を学ぶ出光家のコレクションを並べたこの美術館にも表千家好みの茶室があります。「朝夕庵」には季節の取り合わせが飾られて舞台のように見る事ができますよ。そう言えば、カタログでしか観た事の無かった一休禅師の「諸悪莫作衆善奉行」という1行は良かった!お茶室の拝見では床の間の軸に人に対してと同じように深く真のお辞儀をしますが、この軸にはショーケースの外からでも頭を垂れたい威厳があります。素晴らしい!一方煎茶のお道具も、青木木米の焼き物や上田秋成の軸があったり、もう、本当に出光サンも凄い!
<お酒七尾でお食事オッケー
さてこれがないと私のブログではないといわれかねない美術鑑賞後の夕食は十番の七尾で頂くことにしました。桜茶から始まってご覧の通りの口福の世界!お食事はヒレステーキで、デザートはわらび餅と抹茶アイスクリームを両方注文しました。いささか食べ過ぎ、飲み過ぎの感があるのでお散歩がてら、といってもTAXI使っちゃいましたが、深夜の青山霊園へ、肝試し!じゃなくってお花見に向います。やっぱり夜の霊園はひと際寒い!寒気がする!心霊写真も撮れたし!!(でもアップしませんよ〜だ!)

続き▽
| http://www.sola-arai.com/blognplus/index.php?e=19 |
| 小言 | 09:30 PM | comments (x) | trackback (x) |


荒井宗羅ブログ