荒井宗羅ブログ
ブログメニュー
荒井宗羅ブログ
 

袱紗の兎、誕生秘話?
立春前の最後のお稽古は厳冬のお点前、筒茶碗の扱いです。でも春の足音は「鶯餅」で表し、季節の端境を演出します。それに私の着物も藤色扇面ちらしの地紋で、帯は淡雪のかかる木立でした。</a丸卓(まるじょく)の天板に飾る棗を拝見に出したときに袱紗でエボシを作って置くのですが、干支に因んだ兎を考案して山田さんに作っておいてもらったら、どうですか?衣を纏った高貴な風情の兎チャンですよね?!新しいお点前が誕生した一瞬でした。クリエイティブな教室ですオッケー

| http://www.sola-arai.com/blognplus/index.php?e=143 |
|
小言 | 06:57 PM | comments (x) | trackback (x) |


荒井宗羅ブログ