荒井宗羅ブログ
ブログメニュー
荒井宗羅ブログ

夜の訪問者?
今晩は20時よりお茶席です。お客様は、駐ブルキナファソ初代全権特命大使の杉浦さんと作家の池井戸さんでした。24節気「雨水」も超えたので床には「春水四澤満」の一行を掛け、隅田川の香合。香りの良い黄水仙と紅梅を「残雪」の銘の掛け花入れに入れました。杉浦さんは「文化力」という言葉を造語した「ジャパンクール」の仕掛人の元丸紅経済研究所所長でいらっしゃいます。芸術に対する目の利き方には定評があり、穏やかなお人柄にもファンの多い方です。池井戸さんと言えば上梓するご本は常にベストセラーで、最近では鉄平チャンが主人公で「鉄の骨」がドラマ化されて、とても高視聴率をあげたようです。お話の楽しい方々なので敢えてお客様と対面しながらお茶のお点前の出来る、「流し点」でお茶を差し上げました。お菓子好きのお二人のためにご用意した練切は、高輪の玉川屋惣八さんの「水温む」という淡い水色に流水が白色で描かれる、それは美味しいものでした。池井戸さんからも一番町の「一元堂」さんのきんつばを頂いたので、私もお相伴して熱めの薄茶を頂きました。あまりに塩梅がよくて美味しかったので、人に頼んで次のお稽古の折りに社中の皆さんに行き渡るように購入してきたほどです。美味しいものを頂いた幸せはやはり好きな人たちとシェアしなくてはなりません。
話好きの仲間達の会話はよどみなく、休み無く続いて夜は更けていくのでした。本当は記念撮影もしたのですが、カメラが壊れて加工できなくなり、ご披露できません。新しいのが手に入るまでは、携帯のカメラとなることでしょう。
皆さんのとても素晴らしいお幸せそうな笑顔をご紹介できない事だけが本当に残念ですが‥


| http://www.sola-arai.com/blognplus/index.php?e=151 |
| 小言 | 10:21 PM | comments (x) | trackback (x) |


荒井宗羅ブログ